« ”生”をつなぐもの | トップページ | 1年7ヶ月ぶりの・・・ »

2009年2月 8日 (日)

もちが縁を取り持ち・・・

Ca3c0023_r_2 今日は和庄小学校の日曜参観日を兼ねた地域(まちづくり委員会)の第1回餅つき大会でした。
PTA厚生部の役員の皆さんたいへんお疲れ様でした。
子どもたちも含めて500~600人くらいの規模で,校庭を使って10箇所で蒸し,つき,こねまでをやり結構盛り上がりましたが,なんか子どもたちより,ずいぶん大人のほうが喜んでいた大会でした。

Ca3c0025_r 地域のまちづくり委員会のみなさんは,地域内に眠っている石臼や杵の在り処,遠くの小学校まで餅つきセットを借りに行かれたり,たいへんだったようです。
私も祖父が元気だった小学校くらいまでは,従兄弟たちが集まって,石臼で餅つきをやった思い出があります。
Ca3c0026_r_2 できたての餅は,もち米の蒸した匂いがそのままなので,餅つき機や真空パックの餅とは全く違う風味があって旨いんだよね~。
私は,備品運搬→火の番→つき手ということで,ずいぶん活躍させていただきました。
わが息子は保育所以来の餅つきで,興奮気味,ぎこちない杵の持ち方でしたが,最終的にはパパたちの力強い仕上げのつきで,良く伸びる滑らかな餅に仕上がりました。
Ca3c0024_r 餅つき初経験のパパさんたちが,的をはずして臼を叩き,杵の破片が餅に混ざったときは,子どもたちから「あぁっ」という声が漏れましたが,それも「お尻から出るから心配なく」という台詞で場が和みあっという間の作業でした。
つき終わったあとはみんなで,ぜんざい,きなこ,砂糖しょうゆのブースを回って3種類の餅の味を楽しみました。

今のPTA会長は,お互いの息子が同学年で保育所からずっと一緒ですが,作業が終わった後,「厚生部の役員が今年からこの行事が始まったから,来年はやめますという人が多いんよね」と漏らしていました。
世話をしたもの,参加したものそれぞれが,来年はもっとこんなことができるかも,とか,もっとこうしたかったとか話しながら,またやりたいと思える行事にするのは,大変なことだと感じました。
運動会でのパパママ学年対抗リレーのような盛り上がりは,やはりそのあとの「もっと長く走らせてくれたら・・・」というコメントが象徴していました。パパの参加が多い行事はやっぱり,盛り上がりが違うと感じた,以後恒例となるであろう厚生部の餅つき大会レポートでした。

|

« ”生”をつなぐもの | トップページ | 1年7ヶ月ぶりの・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちが縁を取り持ち・・・:

« ”生”をつなぐもの | トップページ | 1年7ヶ月ぶりの・・・ »